フリーエンジニアの職場とオフィスの必要性

フリーエンジニアは請け負う仕事の種類によって職場を変える必要があります。クライアントの指定する場所で作業を行う仕事も多いものの、自宅で担える仕事も多数あります。特に開発や制作系の仕事は成果物を納期までに提出すれば良いため、基本的には自宅を職場として仕事に従事することができます。その仕事用のオフィスを準備するのもしないのも自由であり、それに応じてかかった設備費や普段の光熱費等を経費とするか否かということを考えれば良いだけのことになります。

一方、クライアントの指定する場所で仕事をしている場合にはそういったオフィスに相当する場所を準備する必要は必ずしもありません。しかし、どちらの方法で仕事をしていくにしても、将来的なことを考えて人が訪れてきても恥ずかしくない程度のオフィスを準備しておくことは重要になります。フリーエンジニアとして活躍していくと企業からのスカウトが現れることがあり、それは名刺等に記載されている住所を手がかりに突然訪問してくる場合もあります。そういった際にきちんとしたたたずまいのオフィスが職場として準備されていることはスカウトに対して好印象を与えることになります。

また、それ以外の場面においてもクライアントの担当者がオフィスを訪問して様子を伺う場合もあることから、個人事業主として恥ずかしくない程度の準備を整えておくことはフリーエンジニアとして信頼を保持していく上で重要になるのです。フリーエンジニアにとって、信頼が仕事を運んでくるといっても過言ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です