フリーエンジニアの管理職へのキャリアパス

エンジニアのキャリアパスとして会社に勤めてキャリアを積んでからフリーエンジニアとして自由に活躍し、その後に再び企業に仕事先を求めて安定した晩年を過ごすという道が想定されることが多々あります。こういったキャリアパスを考える際にはフリーエンジニアとして働く間に、自分が担っていく仕事を現場の最前線から管理職へと切り替えていくことがポイントであり、そうすることによってベテランのエンジニアとして企業から目をかけてもらえるようになるのです。

そのため、会社で身につけた技術とキャリアを切り口にして現場での仕事を請け負うことによりさらにキャリアを積み重ね、幅広い仕事の経験を積むのが最初のステップになります。そして、十分な経験を積んだらプロジェクトリーダーやディレクター等の管理能力やリーダーシップが要求される職種の仕事にも手を広げていくことで管理職へのステップアップをしていくことができます。

そういった仕事の現場で活躍する姿が目に留まると企業からのスカウトが受けられる場合もあり、それこそが最も容易に企業の管理職へ進める道です。しかし、スカウトを受けられるほどの敏腕な人材の場合にはそれを断っても入社したい会社にアピールに行けば採用してもらえる可能性も高くなります。企業からスカウトされるような状況を生み出すためのステップを適切に踏んでいくのがフリーエンジニアとして働いている時期に必要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です